概要は以下のレポートを参照して下さい。
NPO法人中信多文化共生ネットワーク H26年度事業展開ストーリー策定支援1

H26年度行動ストーリー策定の手順

・概要
テーマ:「合意形成されたプラザの果たす理想の役割に対して」H26年度行動ストーリーを策定する。

成果物:H26年度の行動ストーリー

利用手法:全脳思考(準備後の一週間で、掲示板を使ってメンバーが出勤時にストーリーを描いていく)

実際には以下のような手順で進めました。

・手順
(3月24日(月))
1. ホワイトボードを用意する。代表の一人を取り上げ、その人が1年後120%幸せにしたい相手
を仮定する。その相手が紆余曲折の上120%Happyになる物語を作る。

(3月31日(月)までの一週間の間)
2. 各メンバーが出勤し都合の良い時間に、平林さんの案内で「やってみたい事業」を洗い出し、
「プラザの物語」をホワイトボードに記載、ポストイット貼付していく。


  1. 1. (5分間)各自、視覚会議フェーズIのテンプレートを使って、「やってみたい事業」を 発想していく(テーマに対して、頭の中にあるイメージを単語で書き出していくイメー ジ)。文章で記載する必要はない。
 ※ 今までの活動や定義した理想のプラザの状態から発想する。

  2. 2. 書き出したテンプレートを元に各自がプラザの物語に一致するように行動内容を簡潔にホ ワイトボードに記載する。

    ※ 全てのアイデアを記載する必要はない。
 ※ クライマックスから先に描くと良い。それに向かって必要な活動を発想して前半に描 くと良い。同じ時期に複数のイベント、活動が出ても良い。最終的に31日にまとめます。
  3. 3. 補足説明が必要であればポストイットに記載して貼付していく。


(3月31日(月))
3. 主要メンバーのみで最終的なプラザの行動ストーリーを策定する。

最終的に作成された行動ストーリー

ここから実際の”計画”への落とし込み作業は事務局の方が得意とされている部分ですので、弊社よりバトンをお渡ししました。

参加された方の感想

「今までみんなの意見を聞いたことがなく、新しい発見と今後へ向けて一団となれた。」
「色んな意見を持つのでまとまるのか心配だったが、見事にまとまって、行動計画まで落とし込めたのは感心した。」
「そもそもの会議の進め方自体が興味深く、参加すること自体が楽しかった。」