人生の次のステージへ向かって何をしたら良いかが分かる
[次の一手]無料メルマガカウンセリング

————————————————————-
市役所は、市民活動の経営者である。
————————————————————-

と書くと役所の方が偉そうに聞こえますが、そうではなく、でも逆に、公僕でもないと思っています。

私が意味する経営者とは、
会社方針や事業展開、組織作り、その他諸々を決めて、それを社員を使って実現していく。
そういうタイプの経営者ではありません。

私が意味する経営者とは、
何を課題と感じ、何をするのか。社員1人1人が ”自分達で” 決めて動く。
経営者は、物、金、人脈、ブランドなど会社が持っている資源を使って社員をサポートする。

そういうタイプの経営者です。

市民活動に関する今の地方行政のスタイルは、
市の課題を調査、分析し、方針を決めて、その方針に従って施策を作って、その施策に沿う市民活動に補助金を用意したり、予算をとってサポートしていくスタイルです。

そうではなく、全く逆で、
市民が自分の課題と感じ、行動をする。実際に動いている多くの市民活動。それらを統合してみたら、例えば「生活環境」に関するテーマが見えてきた。
じゃあ、「生活環境」の改善を市の方針にして、予算を用意してサポートしていく。

そういうスタイルです。

このスタイルを私が推奨するのは、
”解決すべき課題は市民が一番よく分かっている”
”絵に描いた餅に意味はない”
”実際に動く人がいるものが、今やるべきこと”
と思っているからです。

いくら分析して良い施策を作ったとしても、実際に動く人がいなければ意味が無い。
特に、市民活動の分野は命令で動くわけじゃない、市民の内発的モチベーションに依存するものはそうです。
お金では動かない。

だとしたら、
既に動いているものをサポートする方が早いですよね。
既に動いているんだから。

行政の一番の強みは、人、物、金、信用力(長期の継続、ルールの遵守)です。
そのリソースを市民に開放して最大限活かしていく一つやり方が
「市役所は、市民活動の経営者である。」
で動いていくことかなと思います。

このメールでは地方行政、市民活動の例でお話ししましたが、
御社の仕事の進め方はどちらの経営者のスタイルでしょうか。

もし今、組織作りに悩んでいるのなら、違うスタイルを検討するのもありだと思います。

————————————————————-
本メルマガは、自由に転送、転載、シェアして頂いて構いません。
多くの方に活用して欲しいと思っており、無料ですので、気軽に友人、知人、知らない人に以下のリンク先をお伝え下さい。

質問などもこのメールに返信する形でお問い合わせ下さい。
但し、本メルマガカウンセリングやブログにて公開することもありますので、ご了承下さい。

”無料”メルマガカウンセリングの詳細、お申し込みはこちらから↓
http://eepurl.com/b1MTv9

過去に発信した記事は以下のwebサイトをご覧ください↓
http://goo.gl/s2rqxG

============================================================
Action to the NEXT STAGE!
人生の次のステージへ向かって次の一歩を見付けるサポート

末次克洋(すえなみ かつひろ)
090-9122-6032(携帯)
k-suenami@coprojectm.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/katsuhiro.suenami
Twitter: https://twitter.com/suekun

株式会社コプロジェクト・エム(Co-Project M Ltd.)
〒390-0848
長野県松本市両島7-1 オフィス松本堂1階
TEL:0263-50-6918 FAX:0263-31-0513
http://coprojectm.co.jp/
Facebook: http://www.facebook.com/coprojectm
Twitter: https://twitter.com/CoProjectM
——————–

本”無料”メルマガカウンセリングに参加したい方は、以下のリンク先をクリックして、ご登録ください。
http://eepurl.com/b1MTv9