「創造力が富を生む時代の、社会人が当たり前に身に付けておくべき3つのたしなみ」

1.必要な時に身体が勝手に動く、知識、情報インプット方法
2.肩の力が抜けて、体が楽になる思考法
3.計画の立て方

この3つを3冊の書籍を通してご紹介します。

次は2冊目。
「肩の力が抜けて、体が楽になる思考法」です。


トニー・ブザン 頭がよくなる本 日本語第4版 単行本(ソフトカバー) – 2012/4/10
トニー・ブザン (著), 佐藤 哲 (翻訳), 田中 美樹 (翻訳)
http://amzn.to/2cxQsqr (amazonのページへリンク)

以下で、私なりにポイントを解説します。

ーーーーーーーーーーーー
「はぁ〜」
静止させる:
人は動いている物を見ることはできません。
認識することができないと言っても良いと思います。

目の前に一本指を出して、それを見て下さい。
それを見ながら、左右に動かすと、目も同じ様に動きますよね。

動いている物を見るためには、同じ様に目を動かして、相対的に静止させてから見ています。

常に動いているものの一つに、”時間”というものがあります。
我々は、時間を止めることはできませんよね。

指と同じ様に、この世の中を観るためには私達が時間に寄り添って流れなければいけません。

「おっ」
進歩:
この四半世紀に、人間の脳についての研究が飛躍的に進んだ。
一般的に言われる頭蓋骨の中にある脳以外にも、体の中で時々刻々とやり取りされている情報伝達そのものの理解についても。

私(すえなみ)は、脳みそ以外にも、この情報伝達そのものが記憶システムだと思っています。

例えば、
食後にタバコを吸うと言う人は、食事をすると体が勝手にタバコを取り出して吸いますよね。
こういった習慣は、体が記憶した行動とも言えます。

脳そのもの、体の記憶と、色んな面で人間の能力というものの理解が進み、それと同時に人間の能力は年齢に依存しないことがわかって来ました。

「だよね〜」
利用法:
この本が提唱するマインドマップという描き方は、無意識の行動をコントロールする手段だと思っています。
無意識の行動を表示するものでもあります。

パソコンに例えると分かり易いかもしれません。

マインドマップは、コンピューターに指示するキーボードであり、計算結果を表示するディスプレイでもあります。

私のマインドマップの使い方は、こうです。

仕事でもプライベートでも色々とやることが沢山あって、混乱している時。
とりあえず全部をマインドマップで書き出します。
順序や分野など論理的な構成は無視して、思い付いたことを思い付いた場所に書いていきます。

これは自分の無意識に命令をしている状態です。
こうしておくと、体が勝手に適切なタイミングで動いて処理していってくれます。

また、
色んな出来事が周りで起きて、何が起きているのか知りたい時。
気になる出来事を全部マインドマップで書き出します。
一見関係ないようなことも全部。

そして、全体を眺めながら書き出した単語の関連性を見ていきます。
すると、「はっ!」と思い付くメッセージが出てきます。

これは自分の無意識がしていることを表示させる使い方ですね。

「もしかして、反対?」
誤った認識:
もしかしてあなたは、物事を正確に着実に実行するためには、一つ一つ確認しながら進めることが大事だと思っているかもしれません。

でも、実は逆で、
一つ一つの事柄だけを見て、確実に処理していったとします。
しかし、事前に全てのことを把握していることは希です。

実行していく内に分かってくるもの、実行しなければ分からないことがあります。

設計と実際との小さなズレ。

一つ一つは設計通りにできても、微妙なズレで全体として組み上がらない。
完成できません。

大事なのは全体を見る視点です。

「やめよう」
課題:
皆さんがすることは、この本を正確に理解することではありません。
正確に実行することでもありません。

やるべきことは、ただ一つ。

実際に使うことです。
考えるより前に、理解するより前に使ってみる。

「ありがとう」
活用:
勉強で記憶することも復習することも、本当は楽チンなことなんです。

未知のことをするのも、本当は楽チンなことなんです。

”やってみれば良い。”

実際に行動することは、時間に寄り添うこと。
時間に寄り添うことができれば、今起きている出来事を観ることができます。
観ることができれば、危険なシグナルも認識できるようになります。

「危ないな」と思ったら止めれば良い。

あなたの人生の主導権は、あなたが握ればいい。

これが、
「肩の力が抜けて、体が楽になる思考法」になります。

ーーーーーーーーーーーーーーー

著者が伝えたいことではなく、本を読んで私すえなみが気付いたことをご紹介しています。
本って、1回読んだだけで終わりじゃなく、2回目、3回目と読んだときに、その時に必要な新しい気付きが生まれるものだと思っています。ですから、ここに書いてあることが全てではないですし、私自身も言っていることが180度反対になることがあることをご承知おき下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーー

————————————————————-
本メルマガは、自由に転送、転載、シェアして頂いて構いません。
多くの方に活用して欲しいと思っており、無料ですので、気軽に友人、知人、知らない人に以下のリンク先をお伝え下さい。

質問などもこのメールに返信する形でお問い合わせ下さい。
但し、本メルマガカウンセリングやブログにて公開することもありますので、ご了承下さい。

”無料”メルマガカウンセリングの詳細、お申し込みはこちらから↓
http://eepurl.com/b1MTv9

過去に発信した記事は以下のwebサイトをご覧ください↓
http://goo.gl/s2rqxG

============================================================
Action to the NEXT STAGE!
人生の次のステージへ向かって次の一歩を見付けるサポート

末次克洋(すえなみ かつひろ)
090-9122-6032(携帯)
k-suenami@coprojectm.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/katsuhiro.suenami
Twitter: https://twitter.com/suekun

株式会社コプロジェクト・エム(Co-Project M Ltd.)
〒390-0848
長野県松本市両島7-1 オフィス松本堂1階
TEL:0263-50-6918 FAX:0263-31-0513
http://coprojectm.co.jp/
Facebook: http://www.facebook.com/coprojectm
Twitter: https://twitter.com/CoProjectM
——————–

本”無料”メルマガカウンセリングに参加したい方は、以下のリンク先をクリックして、ご登録ください。
http://eepurl.com/b1MTv9