「創造力が富を生む時代の、社会人が当たり前に身に付けておくべき3つのたしなみ」

1.必要な時に身体が勝手に動く、知識、情報インプット方法
2.抽象的思考方法
3.計画の立て方

この3つを3冊の書籍を通してご紹介します。

まずは1冊目。
「必要な時に身体が勝手に動く、知識、情報インプット方法」です。


[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める 単行本(ソフトカバー) – 2009/11/9
ポール R.シーリィ (著), 神田 昌典 (監修), 井上 久美 (翻訳)
http://amzn.to/2cxvKMe (amazonのページへリンク)


以下で、私なりにポイントを解説します。

ーーーーーーーーーーーー
「ドキドキ」
反応:
あなたは自分で人生を好転させることができます。

こんな状況じゃあ無理だよ。
自分にはできない。
そんな能力がない。

色んな意見があると思います。
ただ一つ確実に言えるのは、あなたが何をするかはあなたが決めていることです。

人間の体は、自然にバランスをとろうとします。
あなたが意識的に普段と違う行動をとれば、それに見合うように他の行動が無意識に変わります。

「そうは言っても」
結晶:
本をフォトリーディングで読むということは、あなたという唯一無二の宝石を結晶化させていることになります。
※フォトリーディングとは、本書で解説されている本の読み方です。

人は同じことを聞いても、千差万別の解釈と行動をします。
もしかしたらあなたは、唯一無二の正しいことを理解し、行動しなくてはいけないと思っているかもしれません。
長年、普通の学校の授業を受け、テストを受けて、評価されてきたのだから、当たり前かもしれません。

フォトリーディングの読み方は違います。

同じ内容の本を読んでも、あなた独自の解釈と行動を求めます。

「体が勝手に・・・」
ざっと見渡す:
全体像を見渡すという行為は、思っている以上に効果的です。

あなたが新しいことを始める前に感じる不安は、”未知”だからということがあります。

それは本を読むという行為でも一緒です。
メールを読む。
インターネットで情報収集するという行為も一緒です。

”未知”のものに触れる前は不安を感じるものです。

逆に言えば、理解はできなくても知ってしまえば不安はなくなります。

できるできない、理解できるできない関わらず、簡単にで良いから一通り体験してしまいます。
すると、脳や思考も含めて体が勝手に整理を始め、次の行動へ向けてウズウズし出します。

「そういうことか」
高速リーディング:
私は映画やドラマを見るよりも、活字で小説を読む方が好きです。
なぜなら、自分で画と音を創造し、自分だけの物語を楽しむことができるからです。

NHKの大河ドラマのように歴史小説を想像すると分かり易いかもしれません。

今放送されている「真田丸」
脚本は三谷幸喜さんですが、同じ史実でも脚本家によって描かれる人物、雰囲気は過去の真田幸村の物語と違っています。

同じ様に、書籍を読む時も読み手によって描かれる物語は変わってきます。
脚本家は読者です。

文字を読むのではなく、ページ全体の雰囲気を感じてページをめくる。
いらないシーンは読み飛ばし、何気ないシーンは早くパラパラと、気になるシーンはゆっくりとめくる。

著者のペースではなく、自分が主導権を握って読むことをご自身に許可してあげて下さい。

「冷静になれ」
自分の意見:
あなたが手に取っている本に起きている出来事を冷静に見てみましょう。
読んでいる途中に、あなたの頭に思い浮かんだことも書き出してみましょう。

あなたの頭に思い浮かんだことは、実は過去に読んだ本の内容です。
たぶん、あなたはその本を読んだことすら覚えていないでしょう。
でも、このように必要な時にはきちんと本の内容が勝手に出てきます。

今あなたが手に取っている本の内容も、きっと将来必要な時に勝手に頭に思い浮かんできます。

知識や情報の取得と、創造力は相反するものだと考えがちですが、実は相互補完するものです。
圧倒的な情報のストックがあるからこそ、ひらめき、発想が生まれるものなのです。

「観る」
情報の大洪水:
本を読むという行為は、実は読むだけでは成立しません。
思い付いたことを紙に書き出す、口で言葉に出して言う。こういったアウトプットがなければ成立しません。

アウトプットをするためには、ちょっと頭に浮かんだこと。
ちょっと感じたこと。
ちょっとした変化。
自分の内面に敏感になる必要があります。

大人として社会に適合して生きていく内に鈍感にせざるを得なかった内面の感覚。
それを蘇らせて、感覚を敏感にし、観るということが、
「必要な時に身体が勝手に動く、知識、情報インプット方法」になります。

ーーーーーーーーーーーーーーー

著者が伝えたいことではなく、本を読んで私すえなみが気付いたことをご紹介しています。
本って、1回読んだだけで終わりじゃなく、2回目、3回目と読んだときに、その時に必要な新しい気付きが生まれるものだと思っています。ですから、ここに書いてあることが全てではないですし、私自身も言っていることが180度反対になることがあることをご承知おき下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーー

————————————————————-
本メルマガは、自由に転送、転載、シェアして頂いて構いません。
多くの方に活用して欲しいと思っており、無料ですので、気軽に友人、知人、知らない人に以下のリンク先をお伝え下さい。

質問などもこのメールに返信する形でお問い合わせ下さい。
但し、本メルマガカウンセリングやブログにて公開することもありますので、ご了承下さい。

”無料”メルマガカウンセリングの詳細、お申し込みはこちらから↓
http://eepurl.com/b1MTv9

過去に発信した記事は以下のwebサイトをご覧ください↓
http://goo.gl/s2rqxG

============================================================
Action to the NEXT STAGE!
人生の次のステージへ向かって次の一歩を見付けるサポート

末次克洋(すえなみ かつひろ)
090-9122-6032(携帯)
k-suenami@coprojectm.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/katsuhiro.suenami
Twitter: https://twitter.com/suekun

株式会社コプロジェクト・エム(Co-Project M Ltd.)
〒390-0848
長野県松本市両島7-1 オフィス松本堂1階
TEL:0263-50-6918 FAX:0263-31-0513
http://coprojectm.co.jp/
Facebook: http://www.facebook.com/coprojectm
Twitter: https://twitter.com/CoProjectM
——————–

本”無料”メルマガカウンセリングに参加したい方は、以下のリンク先をクリックして、ご登録ください。
http://eepurl.com/b1MTv9