それは全て自分の中の気になること。

嫌なことであれば、自分の中にもある嫌と思っていること、してしまうこと。

その嫌と思っていることに許可を出してみる。

自分はそれをしてもいいんだよと。「どうせ、愛されているし。」

嫌と思っていることを無意識にしてしまう自分と、それを無意識に嫌と思っている自分。

どちらも無意識の自分なのに、無意識で戦っている。

そりゃ疲れるよね。

許してあげようよ、自分が嫌なことすることに。

それがありのままの自分だし。「どうせ愛されているし。」

誰とも戦う必要がない、そんなありのままの自分だったら、何が”したい”か。

そこから人生は始まるんじゃないかな。