ビジネスって、人の課題を解決することって言いますよね。

バリュープロポジションや顧客分析でも、「真の課題を発見する!顧客の痛みを分析する!」って。

「いやいや、俺たち充分幸せに生きているのに、勝手に問題作るなや!」って、思いません?

こちらのTEDxSapporo 2013【スピーカー】 社会起業家 向田麻衣 氏
http://logmi.jp/28553
のお話しはもっと腑に落ちるかもしれません。

周りに見えている課題とか問題って、そう思っている本人の中で許せないところだったりします。

つまり
「靴がなくて困っている(はずだ)。」
「近くにスーパーがなくて、あの高齢者達は困っている(はずだ)。」
「売上が立たなくて、あの経営者は困っている(はずだ)。」
とか。

そこから、
「私は、靴を履かないと嫌だ。」
「私は、近くにスーパーがないと嫌だ。」
「私は、こんだけ売上がないと嫌だ。」

って、自分が思っていることが分かります。

そう考えると、
「私は、靴を履かなくてもイイ!」
「私は、遠くのスーパーに買いに行ってもイイ!」
「私は、売上は少なくてイイ!」

って、許してしまったら問題が問題じゃなくなってしまいます。

つまり、ビジネスをする理由がなくなってしまいます。

さて、何をしましょうか。困ってしまいますね。
だから、宣伝という名の問題の植え付けをします。

実は、課題や問題なんて世の中に存在しなくって、人は何もする必要がないんです。
ただ居る。
それだけで生きていけるんです。

全て満たされてオッケーだとしたら、何を”したい”ですか。

「友達と会いたい。」
「旅行したい」
「絵を描きたい。」
「ピアノが弾きたい。」
「人に歌を聴かせたい。」
・・・

それをしましょう。

花は勝手に実を付けて果実ができるように。
あなたは勝手にやりたいことをしましょう。

あなたが作った果実を食べるか食べないかは、あなたには関係ありません。

あなたは勝手に土の中から水と栄養をもらいましょう。
太陽の光も勝手にもらいましょう。

そんな生き方、楽じゃないですか。

在るから始める、人生が楽になる行動計画。