【人生は暇つぶし】

「おもしろきこともなき世におもしろく」
と言ったのは幕末藩士、高杉晋作

実はここ最近それほどやりたいことがなく、暇を持て余していたのですが、その暇な状態の自分をよしとする。

やるべきことも、やりたいこともないって、つまり全てのものが在る理想の状態。
在るからこそ、空の状態。

これを受け入れること。つまり、生きるとは暇つぶしであると思ったときに、目の前のことがなんでも楽しめるようになった気がします。