bd5e8634cae481592e365552fa06369c


————————————————————-
”経営の神様は世界のまね下”
————————————————————-

経営の神様と言えば、言わずと知れた松下幸之助さん。

彼が創業した松下電器産業は、ソニーが新製品を開発したらすぐに似たようなものを作って販売していたため、「まねした電器産業」と揶揄されていました。
当時それを言われた幸之助さんは「我が社には東京に商品開発部が在る(ソニーのこと)」と臆面もなく言ったそうです。

————————————————————-

経営の素人が行う、我がままに生きる経営者の為のビジネスカウンセリング
末次(すえなみ)です。

2016年4月25日(月)から5月1日(日)までに起きた出来事を棚卸ししました。

ここから読み取れるメッセージは、
「2番煎じ、後追いで結構。すでに市場があるところ似たサービスを受けているところに入る。」
です。

弊社のサービスは市場にはない次世代の新しいサービスだと思っていました。
ですから、新しくニーズを喚起し、ゼロから市場を作って独占していくんだと。

これは私自身の価値観からも起因しているのですが、
元々エンジニアということがあって、小さい頃から物作りは好きなんですよね。新しいアイデアとか考えるのも好きだし。
ですから、既存のものを使うとか、買うとかっていうより、自分で創ったとかそういう物の方が”凄いことだ”、”評価されることだ”と思ってます。

ですから、起業とか、新商品開発とか、新規プロジェクトというものに憧れがあります。

ただそれって、憧れなのかなと思いました。

憧れているからといって、それができるわけじゃありません。
結構めんどくさがりやなので、他の誰かが作ってくれたら良いとも思っています。

ですが、そうなってしまうと、私自身はどこで評価されるんだろう・・・。
そんな恐れがあります。

一方で、
企画や広告宣伝は苦手なので、既に人脈があるところと手を組んでカウンセリングに集中したいと思っていました。

ですから、市場開拓は別の得意な人に任せることにしました。

人と争うのも好きじゃないので、人の所に入るのは「何て言われるのか」恐れています。

でも、案外何にもないのかな。

「2番煎じ、後追いで結構。すでに市場があるところ似たサービスを受けているところに入る。」

これをテーマとして今週は過ごしてみたいと思います。

————————————————————-

○思考の整理と感情の安定化をサポートする
経営の素人が行う、我がままに生きる経営者の為のビジネスカウンセリング
詳細、お問い合わせは以下のwebサイトから。
http://ex-counseling.strikingly.com/

○森羅万象、全てに身を委ねて楽に想像できない世界へ飛んでいく
そんな生き方のトレーニング。
「いまトレ」

次回は、平成28年5月11日(水)10時から12時
経営者のためのビジネス教養講座「世の中の流れを読む、読まない読書会」です。

テーマは”お金”で、小林正観さんの「ごえんの法則」を読みます。

詳細、お申し込みはこちらから。
http://goo.gl/t33QKH