人生が楽になる行動計画の作り方を解説

「この先、どうしたら良いのか分からない・・・」

そんな悩みが10分で解決できる!

人生が楽になる行動計画の作り方を、以下で動画と文章で解説しています。

  1. 達成したいこと、または何の行動計画を立てたいですか。

    「○○になるための行動計画を作りたい」とか、
    「○○を得るための行動計画を作りたい」とか、
    「○○の行動計画を作りたい」
    というのを決めて下さい。

    起業、問題解決、目標達成、事業計画、会議、セミナー、ワークショップの進め方、お客さんの行動作り、旅行、新築、キャリア相談まで。
    進め方、進み方についてなら何でもありです。

  2. 以下に並んだ、普通の顔からスマイルマークへの描かれた曲線。
    気になるもの、目にとまったものをクリックして下さい。

    ※お金を払いたくない!方は、以下をクリックして進んで下さい。
    5分で作りたい!お金払いたくない!方はこちら

    在り方曲線2
    在り方曲線3
    在り方曲線4
    在り方曲線5
    在り方曲線6


    Buy Now

  3. 購入画面が現れますので、指示に従って購入して下さい。
  4. 入力したe-mailアドレスにメールが届きますので、指示に従ってファイルをダウンロードして下さい。
  5. ダウンロードしたファイルを全てプリントアウトして下さい。
  6. 作りたい行動計画を三等分し、3つの期間に分けて下さい。
    それぞれを第1フェーズ,第2フェーズ,第3フェーズと呼びます。

    例)2時間のセミナーなら、
    第1フェーズ:0-40分
    第2フェーズ:40-80分
    第3フェーズ:80-120分

    例)3月15日から6月14日までの行動計画を作るとしたら、
    第1フェーズ:3月15日から4月14日
    第2フェーズ:4月15日から5月14日
    第3フェーズ:5月15日から6月14日

  7. プリントアウトした在り方計画書1の日付記入欄に第1フェーズ,2に第2フェーズ,3に第3フェーズの期間を記入して下さい。
  8. プリントアウトしたものの中から、キーワードが書かれた紙を見て下さい。
    第1フェーズのキーワードから、その期間の在り方(どんな気持ちで過ごすのか、どんな態度、コンセプトで過ごすのか?)を連想します。

    例)キーワードが<明・在庫>としたら、
    明るい、明るいと目の前の物が見える、在庫、今でも持っている物、使える物・・・・
    ”在るを知る”ってことが在り方かな。

    思い付いた在り方を、在り方計画書1に書いてください。

  9. 第2、第3フェーズも同様に連想して下さい。
  10. 次に、記入した在り方で過ごすとしたら、その期間にどんなことを”したい”と思いましたか。どんなことを”しろ”と言っているか想像しても良いと思います。

    例)在り方:在るを知る。としたら、

    ・自分のスキルの棚卸しする。
    ・今できることをする。
    ・受講生の皆さんに、今の自分の知識を棚卸ししてもらう。
    ・などなど

    思い付いた行動を、在り方計画書1、2、3に書いてください。

    これで行動計画ができました。

  11. 現実を在り方を意識しながら過ごす。

    先に決めた具体的な行動に囚われず、「この在り方なら、こう行動する」というように常に周りの状況、変化に合わせて具体的な行動を決めて動いてみて下さい。

    会議やセミナーなどの行動計画ではなく、フェーズが1日以上ある場合、フェーズ毎に振り返るとより効果があると思います。

    振り返りのやり方は、
    在り方計画書に気付いたことを書き、その気づきを元に次のフェーズの行動を再度考えて書きます。

  12. 在り方と周りの状況、変化を意識しながら随時行動していくと、思いがけず手に入る状況やものがあると思います。

5分で作りたい!お金払いたくない!

そんな方は以下をクリックして弊社のニュースレターにご登録下さい。
ニュースレター登録

毎週月曜日に、1週間の在り方(スタンス)と具体例を配信しています。
1週間という期間は無視して、そこに書かれた在り方のみをメモして下さい。

あなたのすることは、
悩みを紙に書き、
メールに記載された在り方で過ごすとしたら、その期間にどんなことを”したい”と思ったのか想像するだけ。

テーマや期間が違っても、この在り方はあなたの課題を解決するためにきっと役に立つはずです。

在り方計画書1、2、3については、ニュースレターの登録完了をお知らせするメール本文にダウンロードできるリンクが記載されていますので、そちらをダウンロードしてご利用下さい。

ステップ

  1. ニュースレターに記載された3つの在り方をメモして下さい。
  2. 在り方計画書1、2、3をプリントアウトして下さい。
  3. 作りたい行動計画を三等分し、3つの期間に分けて下さい。
    それぞれを第1フェーズ,第2フェーズ,第3フェーズと呼びます。

    例)2時間のセミナーなら、
    第1フェーズ:0-40分
    第2フェーズ:40-80分
    第3フェーズ:80-120分

    例)3月15日から6月14日までの行動計画を作るとしたら、
    第1フェーズ:3月15日から4月14日
    第2フェーズ:4月15日から5月14日
    第3フェーズ:5月15日から6月14日

  4. プリントアウトした在り方計画書1の日付記入欄に第1フェーズ,2に第2フェーズ,3に第3フェーズの期間を記入して下さい。
  5. 先程メモした3つの在り方を、在り方計画書1、2、3に書いてください。
  6. 次に、記入した在り方で過ごすとしたら、その期間にどんなことを”したい”と思いましたか。どんなことを”しろ”と言っているか想像しても良いと思います。

    例)在り方:在るを知る。としたら、

    ・自分のスキルの棚卸しする。
    ・今できることをする。
    ・受講生の皆さんに、今の自分の知識を棚卸ししてもらう。
    ・などなど

    思い付いた行動を、在り方計画書1、2、3に書いてください。

    これで行動計画ができました。

  7. 現実を在り方を意識しながら過ごす。

    先に決めた具体的な行動に囚われず、「この在り方なら、こう行動する」というように常に周りの状況、変化に合わせて具体的な行動を決めて動いてみて下さい。

    会議やセミナーなどの行動計画ではなく、フェーズが1日以上ある場合、フェーズ毎に振り返るとより効果があると思います。

    振り返りのやり方は、
    在り方計画書に気付いたことを書き、その気づきを元に次のフェーズの行動を再度考えて書きます。

  8. 在り方と周りの状況、変化を意識しながら随時行動していくと、思いがけず手に入る状況やものがあると思います。

具体例など

もうちょっと具体的な例が欲しい場合は、以下をご覧下さい。
今週のスタンス