「会議を見れば組織が分かる」

株式会社コプロジェクト・エム
認定会議診断士の末次(すえなみ)です。

世の中にある会議本から、
あなたが欲しいエッセンスのみをお届けするメールマガジンです。
2015/03/11

購読登録はこちらから
http://goo.gl/k8UUMV
ご登録頂くと、
質問に答えて枠を埋めていくと簡単に”成果を出すことができる”弊社オリジナル「バリューマッピング」シートを無料ダウンロードできます。

————————————————————-
今回のテーマは

”人の意見を気にせずに発言するには(してもらうには)?”
————————————————————-

*末次が感じたポイント*

「個人の時間を大切に」

1.質問を投げかける。例えば、「Aの仕様についてどう思っているのか?」
2.2分ぐらい時間を取って、各自で付箋に答えを書く。
3.一人一個ずつ発表して、共有する。

この場合のメリットは、”書いている間は人の意見が見えないこと”

一斉に「Aの仕様についてどう思っているのか?」を聞いた場合は、
自分の意見を発表する前に人の意見が聞こえてしまう。

すると、自分の意見と人の意見を比較したり、考えることを止めてしまったりする。

個人で考え、発表する時間を取るだけで、参加者の ”関わり方” が違ってきます。
誰しもが参加者に主体的に動いて欲しいと思っているのではないでしょうか。

会議では、言う聞くだけじゃなくて、書くも重要な作業になります。

書籍「すごい会議」
大橋禅太郎著
より考察
http://goo.gl/1QCUUU
——————————————————————————————

リーダー達のモヤモヤを聴いています。
フューチャーマッピングを用いた”モヤモヤ”カウンセリングをご希望の方は、以下よりお問い合わせ下さい。
お問い合わせはこちら