「会議を見れば組織が分かる」

株式会社コプロジェクト・エム
認定会議診断士の末次(すえなみ)です。

世の中にある会議本から、
あなたが欲しいエッセンスのみをお届けするメールマガジンです。
2015/02/25

購読登録はこちらから
http://goo.gl/k8UUMV
ご登録頂くと、
質問に答えて枠を埋めていくと簡単に”成果を出すことができる”弊社オリジナル「バリューマッピング」シートを無料ダウンロードできます。

————————————————————-
今回のテーマは

”個人の発想タイムは何分ぐらいが良いか?”
————————————————————-

*末次が感じたポイント*

「5分が最適」

5分というと人によって短かったり、長かったりしますが、アイデア発想の会議では標準的な時間になります。

アイデアのゴールデンタイムという考えがあり、後の評価で ”素晴らしいアイデアだ!”と言われるアイデアが出てくる時間帯というものがあります。

それは、アイデアを出し尽くして、尚考えた上で苦し紛れに出したものが意外に良い評価を受けます。

このアイデアを出し尽くすまでに時間が大体5分ぐらいです。

なので、様子を見ながら、プラスアルファ2分ぐらいで頑張って出してもらうとゴールデンタイムを活かす事ができます。

書籍「会議の進め方」
高橋誠著
より考察
http://goo.gl/vWYNjG
——————————————————————————————

リーダー達のモヤモヤを聴いています。
フューチャーマッピングを用いた”モヤモヤ”カウンセリングをご希望の方は、以下よりお問い合わせ下さい。
お問い合わせはこちら