毎週金曜日にお送りしている、
セレクトブックストア”すえなみ”の今月の一冊

このメルマガでは、私すえなみが最近興味を持って読んでいる本を毎月一冊ご紹介しています。



————————————————————-
今月のセレクトブックは、

伊沢正名さんの「くう・ねる・のぐそ 自然に「愛」のお返しを」

(Amazon でチェック! http://amzn.to/2sKjxrk

————————————————————-

「神聖な儀式」
ご飯を食べる前には「いただきます」終わったら「ごちそうさま」
クリスチャンの方は、食べる前にお祈りを捧げたりします。

自然から頂いた恵み、そして、命を食べる事への感謝の気持ちを持つためとも言われます。

ここで一つ疑問が生まれます。

自然からの恵みを頂く時には儀式があるのに、自然に還す時。
つまりは、排便の時には儀式は何故ないのでしょうか。

自然と人間とのやり取りという意味では、入る時出るとき。
どちらも同じ境界をまたぐ行為でありながら、一方は感謝し、一方は無視。

「野糞率アップ」
自然からもらうばかりで、何も貢献していないことに罪悪感を抱いた著者は、うんちを野に還すことで恩返しをしようと野糞を始めました。

野糞率をアップしていくには、野糞を特別なイベントにするのではなく、日常生活のサイクルに取り込む必要があります。

農業や林業など、一次産業に携わっていれば仕事そのものが自然への貢献になるのに、著者は写真家の道を歩みました。
キノコの写真です。

自然に何の役にも立たない写真を生業としている以上、誰にでもできる貢献が野糞ということに繋がりました。

二回目に続く・・・

————————————————————-
月に一度、本メルマガで紹介している本を使って、
セレクトブックストア”すえなみ”プレゼンツ「我がままに生きる読書会」を開催しています。

今月は、8月25日(金)14時から16時。

伊沢正名さんの「くう・ねる・のぐそ 自然に「愛」のお返しを」
(Amazon でチェック! http://amzn.to/2sKjxrk
を使って行います。

参加費2,000円(税込)で、場所は松本市両島にある弊社オフィスSENSE(センス)になります。
本は持参してきてもらいますが、事前に読む必要はありません。むしろ、読まないで下さい。

本を読むと言うよりは、本に書いてある言葉をきっかけにみんなで話をする。本好きな人も本が読めない人も参加できる交流型読書会です。一度お試しください。

参加ご希望の方は、以下の問い合わせフォームからお申し込みください(氏名、連絡先電話番号)。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文