会議設計士の末次(すえなみ)です。

とある事情により、私自身がチラシ作りに恐怖を感じていたため、タイミングよく発売された
中野巧さん著売れる文章術
を使った勉強会を開催しました。

なぜ、自分が勉強するために勉強会を開催したのか?
本があるなら、それを一人で読めば良いだけじゃないの?

それは実際に参加しないと分かりづらいものだと思いますが、一人ではたどり着けない気付きが得ることができるからです。

言葉にしてしまえば、陳腐なものです。当たり前のことかもしれません。
しかし、このメンバーで、共に紡ぎ出した感覚は、消えることがありません。

”腑に落ちる”

文章を書く度に、無意識に体が勝手に「売れる文章」を書いてくれるでしょう。

ヒットしたキーワード

「商品を作っても、必要とする人が知らなければ存在しないと同じ」
「商品は、人に伝える手段(セールスレター)があって初めて完成する」
「文章を書くのではない、絵を描くことと同じことをする」

この文章術では、エンパシーチャートや寄り添いマップといったツールを使って、実際に文章を作る手順が書いてあり、
参加者から「実際にツールを使って書く、実践会」をしたい!
という声を頂いたので、こっそり開催しますね。

参加したい方は、
弊社Facebookページに「いいね!」して頂くか、
https://www.facebook.com/coprojectm
ニュースレターへ購読登録をお願いします。
http://goo.gl/ThKn03

弊社では、こういった集合知を使った、一人では得ることができない、本当に腑に落ちる勉強会の開催も請け負っています。
社内や例会、イベントでの勉強会を企画されている方は、ご相談下さい。
お問い合わせは、こちら