「この先、どう進めたらいいのだろう」にお応えします。

目標も、やるべきことも決めない。
在り方を決めるだけのシンプルな計画が、創造的な毎日を作り出す。

詳しくは、こちらをクリック!
在り方思考カウンセリングについて


1クール終了しての感想

スクリーンショット 2015-10-08 11.11.50


6月からスタートしたカウンセリングですが、当初のテーマとしては、
新しい部署の課長として異動し、”べき”、”やらねば”という枠組みの中で動く部下や上司、組織を”楽しく”、”楽に”仕事する組織にしていきたい。
そんな思いをお持ちでした。

フューチャーマッピングを描いたところ、
仕事だけじゃない、その人の背景にあるところにも目を向けて全体を緩めていくことで仕事もうまく回り始めることに気付きました。

そして、3ヶ月の在り方を決めました。


7月のカウンセリングでは、
決めた在り方で過ごして気付いたこと、周りの変化を振り返りました。

所属組織と外部との関係性からご自身の立ち位置を認識し始めました。


8月のカウンセリングでは、
「真空の力を使う」
アクティブな方なので、目標を決めればご自身で動いて実現されてしまう方。
ただし、それでは自分の力の範囲でしか物事は達成できない。
課長という立場を考えても一つ上のステージに上がる必要がある。

そこで、「敢えて、自分のやりたいことをしない。ただ、待ってみる。」
こうすると、真空が空気を吸い込むように何かを引っ張ってくる。
事前には予想できない物だけど、自分の力を超えた想像できない物事を達成することができるようになる。

つまり、他力を使うこと。
それは他人を信頼することであり、部下や上司などを信頼する力。

それがテーマとなりました。


こうして3ヶ月のカウンセリングを終えた段階での感想が上部のアンケート回答になります。

周り変化を楽しみ、自然の流れをワクワクしながら楽しむ。
より自由になったS様の今後の活躍が楽しみです。

引き続きカウンセリングをご予約頂いているので、私も一緒に今を楽しませて頂きます。


今を楽しむ、在り方思考カウンセリングのお申し込み、お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文