これから毎週金曜日、全5回に分けて、
「スッキリクリア!今やるべきこと優先順位が明確になる末次流スケジュール管理術」をお伝えしていきたいと思います。

今日は第一回目。
「スケジュール管理する物事は3つに分けよ」
をお伝えします。

まず、スケジュール管理する物事は、以下の3つに分かれます。

1.実行する日時が決まっていること
2.いつ処理しても良いけど、期間だけが決まっていること
3.期限が決まっていなくて、気が向けばやりたいこと

これからそれぞれを詳しく解説していきますね。

まず、
”1.実行する日時が決まっていること”
について。

これは一番分かり易くて、普通にスケジュール帳、カレンダーに書くことですね。

例えば、
「5月10日(水)10時から17時までデート」
「6月1日(木)15時から16時まで打ち合わせ」
「明日16時半に、保育園へお迎え」
です。

つまり、
行動する日時、時間帯が決まっていることです。

ここには、”日時、時間帯が決まっている”なら、自分のやりたいことも入れて構いません。
「1月25日(水)、スキーに行く」
「12月24日(日)24時、サンタになる」

佐々木かをりさんの「自分を予約する」考え方ですね。
http://www.actionplanner.jp

次は、
”2.いつ処理しても良いけど、期間だけが決まっていること”
です。

例えば
「8月3日(木)の会議に使いたい資料の準備だけど、1時間ぐらいで終わるかな。7月23日から7月30日までの間に時間が取れそうだからその間に処理しよう」
「時間はいつでも良いから明日中に卵を買いに行こう」
など、

明日中とか、8月中のどこかで釣りに行こうとか、
大体の範囲だけ決まっていて、その間のどこかでやれば良いことですね。

これは、仕事関係など人と約束したことでも良いですし、自分がやりたいこと、旅行とか、趣味でも構いません。
とにかく「この間にやろう」という期間だけが決まっていることです。

最後は、
”3.期限が決まっていなくて、気が向けばやりたいこと”

これはある意味、実行してもしなくても良いことかもしれません。
どっちでも良いけど、
「やれたら良いな。」「やった方がいいかな。」

そんなことになります。

具体的に言えば、
「予定はないけど、家族でキャンプに行きたいな」
「機会があったら、アドラー心理学を勉強したい。」
「いつか料理を勉強したいな」

”いつか”できればいいなと思うことです。

あまりないかもしれませんが、人からのお願いごともそうですね。
「時間があったらやって。」
ということです。

”2.いつ処理しても良いけど、期間だけが決まっていること”
”3.期限が決まっていなくて、気が向けばやりたいこと”
の区別が分かりにくいかもしれませんが、

要は、
”やる気”や”やらなきゃいけない度”で区別して下さい。

この間にやる!って決めたもの。
それは2.

こんな風にして、スケジュール管理するものについて、
まずは分類をしてみて下さい。

次回は、第2回目。
「1.実行する日時が決まっていること、の管理の仕方」
をお伝えします。

============================================================
「我がままに生きる知恵と実践を伝承する」
株式会社コプロジェクト・エム(Co-Project M Ltd.)
〒390-0848
長野県松本市両島7-1 オフィス松本堂1階
TEL:0263-50-6918 FAX:0263-31-0513
http://coprojectm.co.jp/
Facebook: http://www.facebook.com/coprojectm
Twitter: https://twitter.com/CoProjectM