【自分の我がままを、”理由なし”に伝える勇気】

ここ2日ばかし、息子が保育園に行きたがらない。
春だし、体調的にも少し、いまいちなせいもあると思う。

昨日は一日家で私と過ごした。

今日も朝、お母さんが保育園行く?と聞いたら
「行かない。」って言ったらしい。

そこで妻は「何故行かないか」聞いていた。
息子からは理由は出てこなかった。

そのやり取りを聞いていて私は、
(目的の為に原因を作り出すんだから、そこ聞いてもしょうがないじゃん。)って思ってた。
むしろ、聞けば聞くほど、大人がなっとくする理由を作り出す。
はては本当に病気すらも。

そんな風に思ってた。

結局のところ半ば無理やり妻が保育園へ連れて行くことになったのだが、
私の気持ちとして
(俺だって、息子のことを考えて昨日一日一緒に過ごしたし、今だってそうだ。なのに、妻は「当てにならない!」っていう感じで自分だけで進めて行った。もういいや。子供の面倒も、家事も、全部おまえに任せる!)

そんな気持ちになった。

そこで、ふと気付いたのが、
「この状態をもしかして妻は望んでいたのか?!」

つまり、
本当は”子供や家のことに時間を使いたい。”
でも、仕事が忙しくてできなかった。
だから、無理やりにでもそうせざる終えない状況を作り出して、願いを叶えたのではないか。

息子に保育園に行かないと言わせ、俺に全部任せると言わせた。
無意識に。

また逆に、俺は
本当は”自分の都合を最優先にスケジュールを立てたい。”
でも、妻に遠慮して言えないから、怒りという感情を使って言える状況を作り出した。
無意識に。

ーーーーーーーーーーー
私は私の願い、妻は妻の願い、息子は息子の願い、が合わさって今の状況が生まれている。
手段はどうであれ、願いは思った通りに実現される。
ーーーーーーーーーーーー

面白いなぁと思ったし、願い通りに叶っているのだから、まぁいっか。

でも、みんな不快な思いをして実現するのも嫌なので、もっと快適に実現するにはどうしたら良いか、考えてみた。

結局のところ、俺が無意識に願っていた
”自分の都合を最優先にスケジュールを立てたい”

これを妻の状況に遠慮せずに言えていたら変わった世界になったかもしれない。
伝えたとしても、状況は同じかもしれない。
どうなるかわからないけど、何かが違う気がする。

理由なんていらない。
理由を必要としているから、理由が生まれてしまう。

ただただ、理由なしで”我がまま”を伝えてみよう。

何が変わるか、楽しみだ。

※ここに書かれていることは全て私の主観で書いています。事実と違う部分があると思いますので、一種のフィクションと思ってご承知おき下さい。